0622.JPG

倉田白羊(1881-1938)
風景(木立のある)

1903(明治36)年頃

油彩・キャンヴァス

33.3×45.5 cm

KURATA Hakuyō

Landscape with Trees

c.1903

Oil on canvas

本作品は、倉田白羊の特色のひとつである、輪郭線が全く見られず、どちらかというと黒田清輝や白馬会系の描き方に近い。そのため、制作年代は東京美術学校時代かもしくは卒業して数年以内に描かれたものと推定される。浅井忠に学び、学校卒業後は太平洋画会展に出品していた倉田だが、本作品のような外光派の描写も実践していたことは注目に値する。